趣味: 釣り(メバリング・エギング)、バイクでツーリング
  血液型: O型
  好きな食べ物: 焼肉・ラーメン・チョコレート・コーラ
  尊敬する人: 白州 次郎
  好きな言葉: 断じて行えば鬼神もこれを避く
  メッセージ: 点検・車検・修理など、お車の事なら何でも御相談下さい。
松井克博

【滝野店】
サービスエンジニア
松井 克博
matsui katsuhiro

通称: matsui

親方様の印章
2017.10.25 松井克博

上京区の「晴明神社」を後にして、千年ノ都ひとり旅
最後の目的地、北区にあります、史跡船岡山を目指して
歩きますよ〜!
歩くと、なかなか距離あります。
船岡山は、平安京の四神相応の「玄武」に位置する
場所です。
長い石段を登りきった頂上にあるのが「建勲神社」です!
IMG_0754
建勲神社(たけいさおじんじゃ)は、「けんくんじんじゃ」
とも呼ばれ、織田信長公と、嫡男信忠公をお祀りする神社で、
明治2年(1869年)に、信長公の偉業を讃えるために、
明治天皇の命で創建されました。
得意の舞、「敦盛」の碑ですね〜!
IMG_0759
ここ建勲神社には、信長公が、本能寺の変で亡くなるまで
所持していたと伝わる、国の重要文化財の名刀、
「宗三左文字」を所蔵しています。
IMG_0763
丁寧に御参りして、御朱印を頂きました。
御朱印には、信長公の印章「天下布武」が印されます。
IMG_0997
挟んで頂いた半紙には、信長公からのメッセージ、
「でかした」頂きました!粋だね〜
船岡山の山頂からは、京都市内が一望でき、風にあたって
休憩してから帰ります…
今回は、「京都御所」に車を預けて、歩いて周れる範囲で
歴史スポットを旅して歩きました。
京都また来るからな〜!
次回は、違った視点で見た歴史スポットを旅したいです。
もちろんお出掛け前の、愛車の点検を忘れずに。

8

【滝野店】
サービスエンジニア
松井 克博
matsui katsuhiro

通称: matsui
  趣味: 釣り(メバリング・エギング)、バイクでツーリング
  血液型: O型
  好きな食べ物: 焼肉・ラーメン・チョコレート・コーラ
  尊敬する人: 白州 次郎
  好きな言葉: 断じて行えば鬼神もこれを避く
  メッセージ: 点検・車検・修理など、お車の事なら何でも御相談下さい。
2017.10.25
親方様の印章

上京区の「晴明神社」を後にして、千年ノ都ひとり旅
最後の目的地、北区にあります、史跡船岡山を目指して
歩きますよ〜!
歩くと、なかなか距離あります。
船岡山は、平安京の四神相応の「玄武」に位置する
場所です。
長い石段を登りきった頂上にあるのが「建勲神社」です!
IMG_0754
建勲神社(たけいさおじんじゃ)は、「けんくんじんじゃ」
とも呼ばれ、織田信長公と、嫡男信忠公をお祀りする神社で、
明治2年(1869年)に、信長公の偉業を讃えるために、
明治天皇の命で創建されました。
得意の舞、「敦盛」の碑ですね〜!
IMG_0759
ここ建勲神社には、信長公が、本能寺の変で亡くなるまで
所持していたと伝わる、国の重要文化財の名刀、
「宗三左文字」を所蔵しています。
IMG_0763
丁寧に御参りして、御朱印を頂きました。
御朱印には、信長公の印章「天下布武」が印されます。
IMG_0997
挟んで頂いた半紙には、信長公からのメッセージ、
「でかした」頂きました!粋だね〜
船岡山の山頂からは、京都市内が一望でき、風にあたって
休憩してから帰ります…
今回は、「京都御所」に車を預けて、歩いて周れる範囲で
歴史スポットを旅して歩きました。
京都また来るからな〜!
次回は、違った視点で見た歴史スポットを旅したいです。
もちろんお出掛け前の、愛車の点検を忘れずに。

8
2018.09.21
イメージチェンジ!

最近、めっきり涼しくなってまいりましたが、皆様
いかがお過ごしでしょうか。
久しぶりの投稿です。
今年の夏は、バイクをカスタムしてイメージチェンジしました。
カスタム内容は、テールカウル、テールレンズ、前後ウインカー、ヘッドライト等、外装パーツの交換です。
IMG_1776
パーツチョイスは妥協せず、作業はじっくり時間をかけて丁寧に仕上げました。
ヘッドライトは、最近流行りの「マルチリフレクター式」に変更、性能と見た目がグレードアップしました。
IMG_1773
細かいですが、エンブレムも変更しました。
IMG_1784
今回のカスタムメニューのメインは、N BOXカスタムの純正
ボディカラー、「プレミアム グラマラス ブロンズ パール」
に全塗装しました。HONDA がこだわり抜いた大人の品格
ただようボディカラーです。
IMG_1876
元々のボディカラーはワインレッドでしたよ〜!
IMG_1881
思っていた以上に渋く綺麗に仕上がりました。
出来上がりの良さに大満足で、友人に自慢しまくってます。
自己満足ですがカスタムの醍醐味ですね。
安全運転で大事にします。

3
2018.03.07
気になる公園

寒さもピークを過ぎたようで、天気が良いと出掛けたくなりませんか?
じっとしていられない僕は、以前から気になっていた小野市昭和町にある「夢の森公園」に行って来ました。
IMG_1376
IMG_1326
遺跡広場をはじめ、散策道が整備され、ローラー滑り台も
楽しめます。
IMG_1313
IMG_1316
ローラー滑り台は、けっこう長いですが、お尻に敷くマットや
段ボールを持参された方がイイと思いますよ。
IMG_1320
IMG_1318
滑り台は、子供たちが好きですよね〜。
夢の森公園は、「金つるべ城跡」と言いまして、弥生時代
中期から後期(1〜3世紀ごろ)の遺跡の跡に造られた山城
で、他の中世の山城とは趣向の違った城跡なんです。
IMG_1297
IMG_1305
城跡は、冠木門や木製の柵、櫓、高さ1.5メートル程の土塁
などが復元、整備され往時の姿を知ることが出来ます。
IMG_1311
残念ですが、櫓には登れません…
主郭から西の郭の間には、幅20メートル、深さ9メートル
の堀切りが掘られ木橋が唯一の通路となっていました。
IMG_1302
歴史の話はそこそこに…
オススメはこの眺めですよ!
IMG_1306
完全に独り占めです!
駐車場やトイレも綺麗に整備され、自動販売機もあります。
IMG_1377
自然いっぱいの中で、ゆっくり遊べる公園です。
お子様と一緒にお出かけにオススメです!

6
2018.01.31
異音発生!

いや〜寒いですよね…
寒いのが理由ではありませんが、バイク全然乗ってないんですよね。
乗ってないけど一週間に一度はエンジンをかけてご機嫌を伺ってます。
なので、チョークを引けば一発始動です。 が…
エンジンから ネズミが鳴くような異音が出ています!
異音の発生源は「オルタネータ」のようです。早速取り外し!
IMG_1203
写真中央の丸い装置が「オルタネータ」です。「ダイナモ」
とも言いますが、同じ部品です。
車で説明すると。オルタネータは、エンジンの回転によって
駆動される「ファンベルト」によってオルタネータは回転し、
オルタネータが回転する事で電気が発生し、車の運転に必要な
電力を発電し、バッテリーへの充電もします。
灯火類やオーディオ等、車の電気装置に必要な電気を発電する為の、発電装置です。
はい、外せました、オルタネータ本体です。
IMG_1204

早速バラして異音の発生源を確認しましょう。
IMG_1242
異音の発生源は、この小さなベアリングです。
では、ベアリング交換です。
IMG_1256
オルタネータが故障すると、発電不良による「充電不足」や、
発電し過ぎによる「オーバーチャージ」が発生し、スピード
メーター内の警告灯が点灯する事があります。
オルタネータによる発電、充電不良が発生すると。
バッテリーへの充電電圧が低下することで、バッテリー上がりによるエンジン始動不良が発生します。
バッテリーを交換し、エンジンの始動不良は改善されますが、
オルタネータの発電、充電不足により、数日でバッテリー上がりが起こり、エンジン始動不良が再発します。
異音が出る事は珍しくなりましたけどね…
IMG_1259
無事、組み上がりましたー!
発電電圧も分解前と変わらずで問題なし。
もちろん異音は改善出来ましたよ!
もし、お車を運転された時、いつもと違う「異音」を
感じられた時は、いつでも御相談ください。
IMG_1220

5
2017.10.08
五芒星と桔梗の花

二条城の次は、奇妙な伝説が残る陰陽師、安倍晴明邸跡
があります、上京区の「晴明神社」へ行って来ました。
IMG_0743
IMG_0742
寛弘2年(1005年)、晴明が死去すると、この屋敷跡には
一条天皇の命により晴明を祀る社が建てられました。
当時の広大な敷地は、時代を経て縮小し、一時は荒れ果てた
こともあったそうで、幕末維新期には氏子らによって再び
整備され、戦後、拡張されて現在の堀川沿いの地に落ち着いた
そうです。
IMG_0749
境内には、いたるところに晴明の紋所である「五芒星」
(ごぼうせい)があしらわれ、晴明の霊力により湧き出たと
される「晴明井」など、晴明の伝説をまとった遺構が目に
つきます。
それと、約2000株の桔梗が植えられており、6月から初秋にかけて綺麗に開花します。
「厄除桃」は、自身の厄をこの桃に撫で付けて落とします。
ちなみに、この桃、夏はダイレクトに触ると火傷するぐらい
熱くなってるので、足元の桶の水でしっかり冷やしてから
撫でましょうね。いや〜、マジで熱いっすよ!
IMG_0751
映画や漫画、小説、ゲームの影響でしょうか?若い女性や
子供たちが多く参拝に来られてまして、ちょっと恥ずかし
かったッス。
では、次の目的地まで歩きます!

7
2017.09.20
千年ノ都 〜其ノ三

ドライブが気持ちイイ季節ですよ。
築城から400年、そして、大政奉還から150周年を
迎えた、世界遺産「二条城」に行って来ましたよ。
IMG_0714
1867年(慶応3年)10月14日、二の丸御殿の大広間で
江戸幕府15代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返上することを申し出て、翌15日に朝廷が許可し、
江戸幕府の幕は降ろされました。
IMG_0719
二の丸御殿の正面にある「唐門」は、2013年に修復工事が
完了。堂々たる唐破風や極彩色の彫刻が特徴。
IMG_0721
二の丸御殿です。外国からの観光客もたくさんおられます。
二の丸御殿の中は撮影禁止です。マナーを守って見学しま
しょう。
二の丸御殿を見終わったら、二の丸庭園から内堀を渡り、
本丸御殿、本丸庭園をゆっくり散歩。
IMG_0727
IMG_0726
天守閣跡でしばし休憩…風がきもちエ〜
IMG_0731
のんびり歩いた後は、築城400年記念 展示・収蔵館で
狩野探幽を中心とした絵師集団、狩野派の障壁画をガラス
越しに間近で見る事が出来ました。
10月13日から10月22日まで、二の丸御殿がライトアップ
されるらしいですよ⁉︎
絢爛豪華な障壁画や欄間のライトアップを観られる
大チャンス⁉︎👍

6
2017.09.06
新型 N BOX! 登場‼︎

ついに出ましたよ〜!新型N BOX‼︎
IMG_0894
IMG_0908
あらゆる部品が見直され、今までより更に進化しました!
IMG_0903
タイプ別設定の、助手席スーパースライドシートは
子育て世代のご家族にオススメです!
使い方自由自在ですよ〜
IMG_0905
チップアップ&ダイブダウン機構付き、スライドリヤシートや、新しくなったHondaスマートキーシステムが
更に使いやすくなりました。
IMG_0909
IMG_0914
N BOXカスタムもイイですよ〜!
IMG_0911
ディーラーオプションの、ハンズフリースライドドアも
使いやすくオススメです。
先進の安全支援システム「Honda SENSING」を採用
して更なる進化を遂げました!
新型NBOXを是非、見て!触れて!試乗して下さい‼︎
IMG_0882

7
2017.08.23
えっ!ホンマに⁉︎

今回は、実際に起こる「えっ!ホンマに⁉︎」なお話です。
当店では、エンジンオイル交換やワイパーラバー交換など、
クイック作業の際は、必ずタイヤの空気圧を点検させて頂いております。
以外に多いトラブルが、「タイヤのパンク」なんです。
下の写真を見て下さい。
このタイヤ、パンクしてるなんて気付かないですよね。
空気圧は規定値の半分しか入っいない状態です。
IMG_0786
私達サービススタッフも、エアゲージで点検してこそ
「あれ?パンクや?」と気づきます。
この事実をお客様にお伝えしますと、「えっ!ホンマに⁉︎」
と、みなさんビックリされ、初めて気づかれる方がほとんど
です。
IMG_0807
パンクの原因は、釘でした。
お待たせいたしましたが、しっかり修理させて頂きました。
何より、事故やトラブルが起きる前に気付いて頂けて良かったです。
今回のように、気付かないうちにパンクして、そのまま
走られている事例は以外と多いんですよね。

何より、定期的なチェックでトラブルを未然に防ぎましょう。もし、パンクしてしまったら、慌てず、安全な場所で停車して、車載の「オーナーズマニュアル」〜万一の場合には〜
を参考に応急修理して頂くか、当店サービスまでお電話
下さい。すぐに対応させて頂きますよ。
空気圧の点検、調整など気になられる事が有りましたら
いつでもお受けします。

10
2017.07.19
千年ノ都 〜 其ノ二〜

御霊神社に続き立ち寄ったのは、上京区にある、
「白峯神宮」であります。
IMG_0654
「白峯神宮」とは、第75代崇徳天皇(すとくてんのう)の
鎮魂のために創建された神宮で、崇徳天皇は、天皇家を呪った
天皇として知られ、「日本の三大怨霊」の1人でもあります。
IMG_0656
白峯神宮の鳥居の脇には、「皇族 下馬下乗」とあります。
これは、「たとえ天皇、皇族であっても、この場で輿や車、馬から下りて参拝せよ」との意味らしい…
とにかく無礼の無いようお参りしませう…
崇徳天皇は、父である鳥羽上皇に疎まれ、弟の後白河天皇に
実権を奪われ、1156年に挙兵(保元の乱)。
しかし、平清盛らの活躍により敗れた崇徳天皇は讃岐国に流罪となります。
「我、日本国の大魔縁となり、皇をとって民とし、
民を皇とす」
と、亡くなるまで天皇家を呪い続けたそうです。
IMG_0648
実は、白峯神宮は、怨霊スポット意外でも有名な場所でして。
摂社として、「精大明神」が祀られていて、蹴鞠の聖地、
であり、球技の神様が祀られていて、球技、スポーツ競技、
学芸の上達を願う人がお参りされ、中でも、
サッカー日本代表、バレー日本女子代表始め、あらゆる競技
の奉献品が神前に納められています。
IMG_0645
IMG_0644
参拝の折には、奉献されたJリーガーや有名選手が実際に
使用したボールや、人気サッカー選手の直筆サインを見る
ことも出来ますよ。
蹴鞠碑をなでて球運を授かっちゃいましょう!

9
2017.06.07
千年ノ都

京の都へご上洛でございます。
京都御所の北側、上京区にある御霊神社(ごりょうじんじゃ)
から京都の旅が始まりますよ。
上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)とも言いまして、
「上御霊神社由緒略記」によれば、平安遷都の延暦13年(794年)、早良親王を神霊として祀ったのが始まりだと伝わります。
IMG_0634
早良親王(さわらしんのう)とは、桓武天皇の実の弟です。
桓武天皇が、長岡京を造営する際、長岡京造営の責任者であり
天皇の信頼を得ていた、藤原種継(ふじわら たねつぐ)が何者かに暗殺される事件が発生します。
激怒した桓武天皇は、暗殺事件の首謀者として、早良親王を
捕らえました。早良親王は、無実を訴えますが、聞いて貰えず
首謀者として扱われ、乙訓寺に幽閉されてしまいます。
早良親王は、食を断ち無実を訴え続けましたが、淡路へと
配流(流罪)されることが決まり、その道中で衰弱により
亡くなり、淡路に埋葬されました。
IMG_0639
その後、新たに皇太子となった桓武天皇の子が病に倒れ、
天皇の母親や皇后が相次いで病死。さらに長岡京は疫病の
流行や天変地異、式部省の門が落雷で倒壊するなど荒れ果て
てしまい、早良親王の呪いだと確信した桓武天皇は、長岡京を廃し、延暦13年(794年)新たな都として、平安京へと都を
移しました。
桓武天皇は、それでも早良親王の呪いを恐れ、早良親王に、
「崇道天皇」の尊号を追贈し、埋葬された山を山陵として
手厚く祀るとともに、御霊神社を創り早良親王を祀り、平安京は結界をはり、鬼門を固めた新都として創り上げました。
御霊神社は、千年の都を見守ってきた神社なんですね〜

あっ!それと、応仁の乱が勃発した場所なんですよ!
IMG_0643

8
2017.05.03
歴史スポット 〜 山城編〜

今回の歴史スポットは、日本の城の中で忘れてはならない
「古代山城」と呼ばれる城郭群で、岡山県総社市にある、
古代山城 「鬼ノ城」(きのじょう)を目指し、いざ!出陣‼︎
山陽自動車道を西へ走り岡山自動車道、岡山・総社IC、あとは一般道で出発から2時間ちょっとで無事到着です!
IMG_0471
標高397メートルの鬼城山(きのじょうさん)山頂一帯に、高さ6メートルにおよぶ土塁や石塁が約2.8㎞にわたって巡らされた古代の山城です!
IMG_0487
まずは学習広場から、西門と角楼が見えてきました。
「オ〜!」って一人でエキサイト!
IMG_0490
IMG_0502
鬼ノ城の見どころの1つはこの敷石と土塁で、壁土を特定の厚さで層状に突き固めた「版築土塁」(はんちくどるい)で、高さ6メートルの版築土塁が、万里の長城のように約2.8㎞グル〜と巡らされているわけです。敷石は築城当時のままなんですよ!
この土塁に沿って歩きながら遺物を見てまわりましょう。
諸説ありますが、この「鬼ノ城」は史書に記載がなく、正確な築城年や目的は不明なんです。現在では7世紀後半から8世紀前半に築城された可能性が高いとされています。古代山城は天守閣がある城郭とは違い、
そのルーツは663年に起こった「白村江の戦い」での敗北の
影響が強く、「朝鮮式山城」とも呼ばれています。なんと築城から約1300年経つんですよね〜。歴史は諸説がおもしろい!
鼻息荒く説明を挟むとエンドレスです。
途中、水門や復元された南門、東門、北門、築城当時の高石垣など見所は多く気持ち良く歩けます。
IMG_0520
見所の一つ「屏風折れの石垣」です。
立てた屏風のように折れをもって続く高石垣が尾根沿いに張り出しています。高石垣…メチャ高い スリル満点…
グル〜っと歩き尽くして西門に帰ってきました。
IMG_0543
朝鮮式山城らしいたたずまいです。
気持ち良く歩いて、歴史ロマンにドップリ浸かって楽しく充実
した城攻めでしたよ〜
帰りは、ちょっくら寄り道…
IMG_0548

7